公開が一週間後に迫った映画「奇跡のリンゴ」。その原作になった書籍「奇跡のリンゴ」ですが、残念ながら現在当店に在庫はございません。新刊本をお求めになるのでしたら、当店から徒歩六分で行ける紀伊國屋書店弘前店では店頭にディスプレイも用意するぐらい力を入れて特別コーナーを設置されており書店店頭用の特別プロモーションビデオも見られますので、どうぞご利用ください。
紀伊國屋書店弘前店
奇跡のリンゴ / 石川 拓治【著】/NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」制作班【監修

弘前感交劇場さんブログでの紹介記事に紀伊國屋書店さんの写真がありました。
http://hirokan5.exblog.jp/18883476/
無農薬栽培で有名な「奇跡のリンゴ」がオール弘前ロケで映画化され、来月6月8日にいよいよ公開されます。実は、ほんの少しですが当店でも撮影が行われておりまして、先日の弘前凱旋プレミア試写会にご招待いただけて見ることができました。
「奇跡のリンゴ」舞台の弘前で凱旋イベント by 陸奥新報
偶然、自然農法の本にであうというシーンですが、テンポよく編集されていてうっかりすると気付かないまま見逃しそうです。映画に登場する書店主さんは地元の役者さんで、店の者の出演はありませんので、悪しからず。
昨日、弘前フィルムコミッション実行委員会の方がロケ地の看板をお持ちくださり、写真のように設置いたしました。店外からも確認できますので、お立ち寄りの際はどうぞご覧ください。
130528.jpg

ロケーションマップは、弘前フィルムコミッションによるものがサイトにてPDFで入手可能ですし、当店にも置いてあります。東宝さんの公式サイトにもロケーションマップのページがあり、こちらには阿部サダヲさんの登場シーンの写真も掲載されてます。

店内の棚紹介が一回りしたら、何を書けばいいのか悩みだしてブログエントリーが途絶えておりまして失礼しました。またぼちぼちと再会していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
 さて、Squareというクレジットカード決済サービスが日本国内でも始まりまして、早速登録してカードリーダーを入手しましたので、当店でもクレジットカード決済ができるようになりました。
http://squareup.com/jp
 ご利用いただけるカードはVISAかMasterです。最初は操作などに手間取るかもしれませんので、店長が店番している時間帯に限らせていただきますので、日曜祝日以外の午前10時~午後3時でお願いします。都合により不在にする場合もございますので、確認が必要な場合はTwitterのメンションか、Facebookメッセージ、メールなどのいずれかにてご連絡ください。
 Squareガイドのプロフィールページに当店の情報も掲載されております。サイトのローカライズが完全じゃないのか電話番号や営業時間の表示がおかしなところもありますが、どうぞご覧ください。
https://squareup.com/directory/oyama-used-books
昨日の左隣の文庫棚三本目です。一番上には新書ノベルスもありますが、女流ものが多い棚になっております。

shelves130412.jpg

昨日はバタバタしてブログ更新できませんでした。今日は一昨日の左隣で、3本並んだ文庫棚の真ん中です。日本の小説が主で、一番上は松本清張作品がならんでおります。

shelves130411.jpg

今日の本棚は、店に入って右側の通路の一番奥にあたるカウンター前になります。文庫本の棚で、時代小説や郷土作家の作品を集めております。一枚目が上で、二枚目が下になります。

shelves130409a.jpg

今日の本棚は先週金曜日の隣になります。これで壁の棚は一周しました。さらに上や下にも棚はあるのですが、棚の前に積んだ本に埋もれてたり、全くの未整理で埃だらけだったりしますので、今後の課題であります。新書や文庫の棚は通路が狭くて、より写真が撮りにくいですが、明日からご紹介していこうと思います。

shelves130408.jpg

今日は昨日の上の段、文学が中心で、吉本隆明や大江健三郎などが目につきます。

shelves130405.jpg

今日の本棚は昨日の右隣の店の入り口から5本目の棚なんですが、2月9日に紹介したのと同じ棚です。内容も少しは変わってますし、デジカメで写りがよくなってますので、重複しますがあらためて紹介させていただきます。

shelves130404.jpg

昨日の下の段で、日本文学が中心の棚です。

shelves130403.jpg