2013年2月アーカイブ

昨日は私用で店番を休んでいたもので、ブログ更新もしそこねました。もう少し事前に記事を準備する体制をつくらないと、毎日更新は難しいですね。
今日の本棚は先週土曜日23日の記事のとなりで、古典文学全集の端本や外国文学全集の端本が多いコーナーです。梯子も一緒に写してみました。店内の梯子はご自由に使っていただいても構わないのですが、十段ある背が高い物ですので使い方によっては危険だったり、商品を傷めることになることもありますので、不安な場合は遠慮なく店の者にお申し付けください。

shelves130227.jpg


全国ニュースにもなっているようですが、ここ弘前市は昭和57年の観測開始以来の最大積雪量を記録したそうです。昨日は市からも不必要な外出を控えるようにとの広報がありましたので、店を臨時休業させていただきました。
今朝の出勤はところどころ渋滞はあったものの30分ぐらいで着くことができましたが、帰ってくる方向は大渋滞で一時間以上かかりました。開店して発送する商品を梱包したら帰るつもりが、ストーブの煙突の周りを排雪して、灯油を給油したりしてたら一時間ぐらい経ってしまいました。雪が融けてくる前に裏屋根の雪下ろしもしないと「しがむり」という雨漏り状態になってしまうので難儀です。
そんなこんなで、写真を撮っている余裕もなく内容のないブログ更新ですみません。何かとご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
三日前の記事の詩歌・俳句・短歌コーナーの上にあるのが古典文学全集コーナーです。
千円均一の新潮社 古典文学集成/小学館 古典文学全集/岩波書店 日本古典文学大系の端本を中心に並べております。店内はいってすぐ左手の見上げたところになります。写真が明暗のバランスが悪く見づらくてすみません。

shelves130223.jpg

昨日は、ニュースにもなる大雪でした。今シーズンは大雪と言ってもインターバルがあって暖気で積雪が締まって積雪量が減ったり、除排雪されたりしてあまり大変な感じが無かったのですが、さすがに昨日は除雪が追いつかず路端の除雪の山が車道を狭くし、路上にはワダチもあり、本来二車線の道路で交互通行になって渋滞したりして、朝の出勤も遅れて定時の10時を5分くらい回ってから開店することになりました。
その上、なぜか店のインターネット回線の調子が悪く接続が切れがちで、ルーターを再起動して再接続してもすぐにまた切断してしまうという状況でブログの更新もできずじまいでした。
写真は雪かきする前の店頭前の状態です。ここから雪を片付けて車道への出入り口をつくりました。
snowRoad130221.jpg

今日は予想最高気温-1℃とは思えない寒さです。雪も昨夜から降り続いていて大雪風雪雷なだれ低温注意報が出ているようです。
石川啄木の誕生日ということで、短歌を含んだコーナーの棚です。啄木関連書籍は郷土物コーナーにもございます。

shelves130220.jpg

昨日は雨が降るほど暖かくなってきておりますが、今日は朝から吹雪気味でした。
今日の本棚は、店に入ってカウンターに向かって右側奥の棚で、明治大正の黒っぽい本から大型事典などが並んでおります。
shelves130219.jpg

昨日の日曜日は開店のために出勤しただけで写真も撮りそびれたので、ブログを書くことができませんでした。もともと日曜休日はどうしようかポリシーも決めておりませんでしたので、お休みにいたしました。連日の雪かきで疲れていたこともありました。今後も休みの日はできるときだけ投稿するかたちになるかと思います。よろしくお願いいたします。
一日休んでも画期的なことが書けるわけでもなく、三日前の続きの新書棚です。実は、これらの新書棚は棚の奥行きがあるので、前後二列になっております。前後を入れ替えるともう3日分の記事になりそうです(笑)。
Shelves130218.jpg

今朝は今シーズン一番の降雪といったところでしたが、自宅は車の前を雪かきするだけで出発することができ、店の前も車道までの道をくずして、融雪で融けて水を含んだ重い雪をさらえば開店できました。しかし、ストーブに火をつけてみたらFF式なのに前面から煙をだす異常燃焼で、壊れてしまったかと思いましたが、煙突が埋まってるのだろうと気付き、隣の空き地の雪藪をこいで煙突を露出させると問題なく働いてくれました。

さて、売り切れてしまった商品を紹介するのも妙な話ですが、在庫していた商品がお客様にお買い上げいただけたので、記念に写真を撮ってみました。函は復刻版ですが、中身は大正時代の元版という謎の商品でした。

tsuguakira.jpg

今日は私用で、ほとんど店に出ておりませんでしたのでブログエントリーもしそびれるところでした。とは言っても棚の写真一枚ですが、昨日の新書棚の向かって左隣りです。価格は百円からプレミアム価格まで様々です。


shelves130215.jpg

今日ご紹介の本棚は、店内中央の新書の棚です。最近は新書ブームもありますからご存知かとは思われますが念の為に補足しておきますと、新書と言っても新しい書という意味ではなく、新書版サイズと呼ばれる文庫より一回り背が高い本です。

新書 - Wikipedia

shelves130214.jpg

このくらいの棚が三本並んでおります。

太宰治研究の第一人者・相馬正一さん死去 by 陸奥新報


黒石市出身で太宰治研究の第一人者として知られる相馬正一さんが5日午後5時29分、死去した。83歳。葬儀は近親者で済ませた。
相馬さんは1929年生まれ。弘前大学卒業後、弘前高校教諭、弘大非常勤講師、上越教育大学教授、岐阜女子大学教授を歴任、岐阜女子大名誉教授を務めていた。

今朝の陸奥新報の報道で知りましたが、相馬正一先生が亡くなられたそうです。高校時代に担任していただいたことがなかったので面識はないのですが、名物先生でした。謹んで哀悼の意を表します。

店内をみわたしたところ、相馬先生の著作は二冊しかありませんでした。

  • コローキアム太宰治論 津軽書房刊 昭和52年発行
  • 太宰治 津軽書房刊 昭和54年発行

どちらも蔵書印のある並品ですので、店頭販売価格は千円です。

soumaSho130213.jpg

昨日の本棚の写真のうつりが悪くて、本のタイトルが読み取れないとのコメントをFacebookでいただきましたので、同じところの写真を二枚にわけて掲載いたします。

shelves130212a.jpg


shelves130212b.jpg
今日の本棚は、昨日と反対の店頭向かって左側の棚です。均一棚ではありません。今朝から雪が舞っておりまして、写真にも写り込んでおります。風が強くて吹き込んでくるときは本が雪まみれになりますので、シャッターをおろしてることもございます。こちらも雪で本が駄目になる前にお早めにどうぞ。

shelves130211.jpg

きょうは今のところ降雪もなく日差しもあるのですが、気温が下がっていた夜間に路面が凍結しているところがありますので、足元お気をつけください。

本日明日は店長が店番しない連休ですが、こうしてブログを書いたりと仕事から開放されてるわけではございません。今日の本棚は店頭向かって右側の百円均一棚です。左側の棚は百円以下の商品から200円や500円以上の商品もございますのでお間違いなく。中には店内商品すべて百円均一かと勘違いして来店されるお客様もいらっしゃらないこともないので、よろしくお願いいたします。この場所は雪が吹き込んでくると本が湿って痛むこともございますので、お早めにお買い求めいただけると幸いです。

shelves130210.jpg

Twitter、Facebookでもお知らせしましたが、昨夜は悪天候でお客様のご来店もなかったので一時間ほど閉店時間を早めまして、今朝は私用に手間取り開店時間が30分ぐらい遅れてしまいました。今日も本棚写真のみの更新です。

shelves130209.jpg

昨日のさらに左隣りの小説が中心の棚になります。
昨夜から暴風雪警報が出ていて、積雪量はそれほどでもないのですが風が強かったり雹が降ったり落雷があったりしておりまして、さすがにほとんどお客様がいらっしゃいません。本棚の写真だけで失礼します。

shelves130208.jpg

郷土物コーナーから柱をはさんだ左隣りで、新し目の単行本や郷土作家の作品が並んでおります。
大雪ではなく濡れ路面ですが一日中降り続いてるような感じで、ほぼ開店休業状態です。そのなかでも入荷がありましたので新し目の商品をご紹介いたします。

庶民烈伝 深沢 七郎 中公文庫
今日を刻む時計 髪結い伊三次捕物余話 宇江佐真理 文春文庫
歴史のおしえ 童門 冬二 毎日新聞社

shelves130207.jpg

直木賞作家・長部さん受賞40年で記念展/弘前


昨日、ラジオで紹介されてるのを聴いたので、先月14日の記事ですがご紹介を。作家の長部日出雄さんは、私の小中高の大先輩にあたりまして、三十年以上前に中学のとき、創刊当時の学校新聞の復刻版に署名記事があったのを拝見した記憶があります。今回の記念展では、中学校時代の成績表なども展示されてるらしいのですが、そのような資料は見られるのでしょうか?

写真は、当店の長部日出雄さんのコーナーです。

osabe130206.jpg


昨日とはうってかわって大雪風雪注意報が出て、雪が舞っております。排雪と暖気が重なって歩道の雪がなくなったと書きましたが、条件として歩道の融雪もありました。この融雪は積もった雪を融かすほどの力はありませんが、少しずつ降る雪は積もらないようにしてくれます。大雪の場合や屋根雪が落ちてきたときは除雪しないと圧雪状態になったり凍結してしまいます。

さて、本日少し目新しい入荷もございましたので、写真にてご覧ください。アロマテラピーは元定価が5,985円と高額ですが、赤ボールペンの線引きがありますので、店頭価格二千円で販売しております。すべて一点物ですので、お問い合わせはお早めに。

shelves130205.jpg

店先の歩道には、アルミ製の縁台を出しているのですが、冬の間はいつも車道から除雪された雪が山をなしているので、店のすぐ前に置いてあります。今は数日前に排雪されたのと、数日続いた暖気が重なり、少し雪片付けをしたら歩道の雪がなくなってしまいましたので、車道側に縁台を置き、店内に入れていた特価本箱を店頭に出してみました。


bench130204.jpg

このまま春にというわけにはいかず、これからまた冬に逆戻りの天気予報です。
日曜日はわたくし店長はお休みです。今朝は開店準備をして発送作業を済ませてもこのブログのことはすっかり忘れていて、何も心の準備をしておりませんでした。店舗の棚でごまかすこともできず、本日は事実上ブログエントリーはお休みです。休みの日も掲載しようとするなら前もって準備しておかないといけませんね。来週末は連休でもありますので、お休みにするかどうか考えておきたいと思います。
昨日は店の裏屋根の雪下ろしをしたのですが、昨日から今日にかけて雨の降るほど気温の高い気候でどんどん雪融けしております。これだったら雪下ろししなくても自然に無くなったのか、それとも雨漏りしないで助かったのかどうったったのやら。昨日の段階では引き続き凍った雪を下ろさなければいけないと思ってましたが、少なすぎる雪の上で雪下ろしすると落下事故などの危険もありますので、午後から屋根に上がってみて慎重に作業したいと思います。

さて、いま見直されている田中角榮著「日本列島改造論」をやっと仕入れることができました。しかし相場では一冊四千円以上しております。蔵書印やそれほど多くないですが線引きのある痕跡本なので、店頭価格を如何に設定するか考えさせられます。とは言っても一点物ですので、お探しのお客様は売り切れる前にお問い合わせくださいますようお願いします。

kakuei130202.jpg

火曜日からの体調不良が気付いてみれば37.8℃の発熱がありましたので、昨日は家で伏せっておりました。お陰様でほぼ回復いたしましたが、仕事の段取りの調子が狂ってブログのことをすっかり忘れておいた始末で。

そこで突然ですが、今月は緑の笛豆本の千円均一セールをすることにしました。

shelves130201.jpg

写真は、とりあえず見栄えのするハードカバーのみ掲載しておりますが、初期のソフトカバーのものもございます。なにぶん今思いついた企画なので商品リストはこれから作成します。また日本の古本屋で「緑の笛豆本」で検索してみると、千冊以上該当して一覧できませんが、ものによると千円を切っているものも多いようですので、個別に千円以下の価格に設定することもこれから考えます。中には痛みのあるものもございます。お探しの商品がございましたら、遠慮なくメールやメッセージにてお問い合わせください。



このアーカイブについて

このページには、2013年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年1月です。

次のアーカイブは2013年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja